安定的な副収入を得るための兼業トレーダー育成所!

勝負!プロスペクト理論VS自分

box-62867_1280

 

どうも純也です

 

今回は【プロスペクト理論VS自分】というお話です

 

トレードにもいろいろなスタイルがあります

生活スタイルやその人の性格など

人にによって執行時間軸が変わると思います

 

例えばスイングトレードの場合

日足4時間足などで

執行するタイミングを計ると思います

 

デイトレードになると

1時間足30分足15分足など短い時間軸で

執行するタイミングを計ると思います

 

僕の場合デイトレードが中心なので

デイトレードでのお話をしたいと思います

 

日足4時間足で環境認識をしたとします

執行時間軸を30分足とした時

その時間軸でタイミングを計りエントリーをします

 

ここまでは計画通りでなんの問題もないと

思います

 

ここからが問題なんです

 

エントリーをする時点でエグジットポイントを

前もって決めてあると思いますが

 

チャートを注視していると

いろいろな感情が湧いてきて

エントリー前に想定していた行動とは

まるで違う行動をとってしまうものなんです

 

価格が思惑の方向順行した場合

執行時間軸より小さな足に切り替えて

少しの押しや戻りを見て

今ある微益を逃したくないと思いチキン利食い

 

自分の思惑と逆行した場合

損失を認めたくないという感情から損切りが出来ずに

大きな時間軸に切り替えて損切りのポイントを広げてしまう

 

この行動は

「利益を逃したくない!損切りをして損失を確定したくない!」という

いわゆるプロスペクト理論

絵に描いたような行動です

 

この様な行動は典型的な負け組のとる行動で

繰り返せば繰り返すほど資金が減少して行くことになるでしょう

 

 

このような行動を取らなくなるための対策

 

ある程度のトレード経験がある人は

過去のトレードデータを見返してみて下さい

 

自分がそのような行動をとってしまった時と

そうでなかった時の結果を

見比べてみて下さい

 

このように数字で明確に確認することが

一番の解決策だと思います

 

トレードの経験が少ない方や始めたばかりの方は

まだトレード母数自体が少ないので

データ取りは出来ないと思います

 

あなたがこのような行動を取ろうとしていることに気づいた時に

この記事を思い出してくれればいいと思います

 

 

僕の経験上では強制的にこのような行動がとれない環境を作ってしまうことが

かなり効果的でした

1.エントリーする前にエグジットポイントを明確に決めておく

2.エントリー直後にOCO注文をいれる

3.エントリー後は他の時間軸を見ない

4.パソコンの電源を切りその場を離れる

などいろいろ出来ますが

 

この記事を本当に理解し腑に落ちた時

この様な行動は取らなくなるでしょう(取れなくなるでしょう)

 

ありがとうございました。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
更新の原動力!クリックお願いします

 

兼業トレーダーの為の無料講座

忙しくてトレードが出来ない…

何を試しても結果に繋がらない…

そんな兼業トレーダーの為に

リーマントレーダー純也が考え出した

優位性のある手法を無料プレゼントします!


rapture_20150917210148-crop

関連記事

安定的な副収入を得るための無料講座

メルマガ

ブログランキングに参加しています