安定的な副収入を得るための兼業トレーダー育成所!

最強!MTF分析

 

どうも純也です

 

今回は【MTF分析】について

 

トレードを行っていく上で重要な要素は大きく分けて3つあります

まずはマネーマネージメント資金管理ですね

 

そしてメンタルコントロール

トレードとメンタル?

って思ってしまった方まだまだ知識不足です

 

トレードとメンタルの関係は非常に重要で
この関係を深く理解できていなければ
相場で勝ち続けていくのはかなり厳しいでしょう

 

そして残りの1つは

手法や方法いわゆるトレードスキルです

 

エルダー博士は
この3つの要素のことをまとめて
トレードに不可欠な3つのMと言っています

 

Money・Mind・Method

 

トレードではこの3つのMがバランスよくレベルアップすることによって

利益を上げられるトレーダーになれます

 

1つでも欠けていてはダメなのです
バランスが大事です!

 

前置きが長くなってしまいましたが
今回はみんな大好きメソッド
トレードスキルについてのお話をしたいと思います

 

トレードスキルと一言で言っても沢山ありすぎて困ってしまいますが
僕が一番大事だと思っているスキルは環境認識力です

 

相場環境を分析する方法はいろいろありますが
ぼくの推奨する方法は

マルチタイムフレーム分析ですね

 

どういう分析方法かといいますと
複数の時間軸を組み合わせて
総合的に分析を行っていく方法です

そのままですね

 

このフレーズは
ブログの中で何度か紹介しましたが
具体的な方法は紹介していなかったので
今回はマルチタイムフレーム分析について説明したいと思います

 

マルチタイムフレーム分析

 

チャートにはいろいろな時間軸があります
以前にもお話しましたが
長期時間軸の方が短期時間軸より力関係が上になります

 

ですので
まずは長期時間軸から分析していきます
長期時間軸ってどれ?って話なんですが…

 

まず最初に決める事は
あなたがエントリーのタイミングを計って
エントリーしていく時間軸を決めます

 

いわゆる執行時間軸です
この時間軸を基準に長期時間軸を決めていきます

 

一般的には6倍から8倍くらいの大きさが良いと聞きますが
必ずしも正しいというわけではありません

 

僕の場合はあまり数字にこだわらず
波形のイメージが重要だと思っています
大きな波の中の
小さな波を取って行くイメージです

 

例えば
執行時間軸を30分足とした場合

 

まずは執行時間軸の8倍の4時間足
さらにもう一段上の日足
このように3段階の足を使って行って行きます

 

分析していく順番は
基本的に長期足から短期足へと分析をしていきます

 

確認項目

・トレンド相場かレンジ相場か

・トレンド方向

・直近の流れ

・現在の価格の位置とサポートレジスタンスの絡み

など
(もちろんインジケーターを取り入れてもOKです!ボリンジャーバンドや移動平均線など)
これらの項目を日足・4時間足で確認していきます

 

そして総合的に判断して

・買い有利なのか売り有利なのか?

・買いが有利ならどの辺りまで買って行けるのか?

・目線の切り替わるポイントは何処なのか?

・トレンドフォローで攻めるのか?

・レンジトレードを狙っていくのか?

などを判断して
トレードプランを立てていきます

 

プランさえ出来てしまえば
後は執行時間軸でのタイミングを待つだけです

 

このように大きな時間軸からポイントを絞って
プランを立てていきますので
トレードの精度が飛躍的に上がると思います

 

今回は日足・4間足・30分足で紹介しましたが
自分にあった執行時間軸を決めて
その足に対する長期足から
分析していけばよいと思います

 

 参考になれば幸いです  

     ありがとうございました

PS.  分析のポイント

 

チャート分析項目の優先順位を決めて下さい

 

シグナルが噛み合わない時に
どちらを優先するのか決めることで迷いが軽減出来ます

 

それでも迷ったら?
問答無用でスルーです!
基本ですね

 

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
更新の原動力!クリックお願いします

関連記事

ブレイクスルーを可能にするノウハウ

ブログランキングに参加しています

プロフィール

5805593196_257b959c1c_z

リーマントレーダー純也

2012年FXを始める。
2年以上損失を出し続けるが、2014年DealingFXの塚田さんの指導を受け一気にトレーダーとしての成長を遂げる。
現在も兼業トレーダーとして安定的な副収入を稼ぎ続けている。⇒さらに詳しく