安定的な副収入を得るための兼業トレーダー育成所!

損切りの苦痛を軽減する方法

Dollars on a plate

 

どうも純也です

 

 

今回は【損切りの苦痛を軽減する方法】についてです

 

 

あなたはトレードをしていて損切りになった時にどのような気持ちになりますか?

悔しい・損した・もったいない・何か間違っていたのか?・絶対に取り返してやる・リベンジだ!

などなど

 

このような気持ちになったことはありませんか?

 

実際に自分の行ったトレードが損切りになると

上記のような感情がついつい湧いてきてしまうものです

 

僕の場合は毎回このような感情になり

同じ失敗を何度も繰り返す

典型的な大衆トレーダーでした

 

トレードの学習をしてきた方は

「損切りはトレードのコストです」という言葉を

耳にしたことがあると思いますが

本当にこの意味を理解し落とし込めている人は

以外に少ないのです

 

そこで今回は損切りに対する視点を切り替えて

別のシチュエーションで考えてみたいと思います

 

例えば

あなたがレストランの経営しているとしましょう

お客様においしい料理を提供するためには

いい材料を仕入れて来なければなりません

これがコストです

材料を仕入れないで料理を提供できるはずがありませんよね

 

そのレストランでウエイトレスを雇ったとしましょう

そのウエイトレスに労働の対価として給料を払います

これもコストです

「誰かただで働いてくれませんか?」って

なかなか難しい要求だと思いますよね

 

このように別の視点から見ればごくごく当たり前なことなのに

これがトレードとなると

ビタ一文も払わないで儲けることしか考えられない人が沢山の居ます

 

トレードも全く同じでコストをかけてパフォーマンスを得るというビジネスです

 

このように別の視点から考えると

損切りに対する苦痛の感情がかなり軽減できると思います

 

コストパフォーマンスが高いに越したことはありませんが

パフォーマンスだけを求めることは自然の流れに反していると思いませんか?

 

損切りになった時にこの記事を思い出して下さい

苦痛が軽減するはずです

 

ありがとうございました。

 

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
更新の原動力!クリックお願いします

関連記事

ブレイクスルーを可能にするノウハウ

ブログランキングに参加しています

プロフィール

5805593196_257b959c1c_z

リーマントレーダー純也

2012年FXを始める。
2年以上損失を出し続けるが、2014年DealingFXの塚田さんの指導を受け一気にトレーダーとしての成長を遂げる。
現在も兼業トレーダーとして安定的な副収入を稼ぎ続けている。⇒さらに詳しく